本番で暗譜がとんだ苦い経験

ステージでの演奏は、普段、家で弾いているのとは全く違います。
楽器も違う、場所も違う、聴いてる人がたくさんいる!みんなが自分を見ている!!
そりゃぁ緊張します。

だから、指が震えてうまく力が入らないとか、ミスタッチがミスタッチを呼ぶとか、暗譜が飛ぶとか、想定外の事が起きることもあります。

実は私も、1度だけ、暗譜が飛んで一瞬真っ白になったイヤーな経験があります。

それも、入試で!
忘れもしない。
東京芸術大学の、実技2次でのこと。

ラヴェルの『水の戯れ』という曲の出だしで、やらかしました。

弾く前に、出だしを頭で思い浮かべていたら、左手の分散和音が出てこなかったんです。

あれ?と思ったけれど、弾けば手が思い出すだろうと思い、弾きはじめたら、見事に全然違う分散和音を弾いてしまい、一瞬真っ白になりました。

ここです。

image

変な音が出て、うわぁ( ̄□||||!!と思ったけど、すぐに弾き直したら手が思い出して、事なきを得たのでした。

どんだけ緊張してたんだか。

普段は忘れたことのないところ、まさか、こんなところで、というところが飛ぶんですよね。

だから、暗譜は何となく覚えたのでは駄目で、計画的に完璧に覚えなければなりません。

そのノウハウはまた別の機会に。

ちなみに、この時の試験は、ミスったけれど、無事通過できたのでした(*^_^*)

体験レッスン、お問い合わせはコチラ
tskm3838@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

かわいいお手紙