少しのヒントで大きな自信に

本当はできるのに、できないと思えてしまって、ますますできなくなる、という悪循環をたつために。

こんな事してみました。

image

ほんの少し、ヒントとなる音のところに、印をつけちゃいました。

すると、どうでしょう。

見事に表情がパァ~~っと明るくなって、「これならできそう」と言ってくれました。

そして、弾いてみたら、けっこう弾けた。

それで自信をつけて、「もう1回弾いてみる!」と言って、弾いてみたら、もっと弾けた。

その好循環に変わりました(o^∇^o)ノ

難しそう→やりたくない→やらない(できない)

できそう→やってみたい→やる(できる)

こういうパターン。

もっとも、「難しそうだけどやったるで!」という元気な子は問題ないのですが、

ちょっと自信をなくしている時や、もともと慎重な性格だったりして、やってみるのが怖くて、「やりたくない」と表情が暗くなっている時には、ちょっとヒントをあげて、取り掛かりやすくしてあげるといいみたい。

今回は、「おまけだよ」と特別感を出しつつ、小さなシールを鍵盤に貼ってあげたのですが、ひよこのシールがかわいいと喜んでくれて、俄然やる気になって、自分から何度も何度も弾いて、スラスラ弾けるようになっちゃいました。

その変わりように、私もビックリして、嬉しくなりました。

シールを貼らなくても分かる子なのですが、このときは、できないと思い込み、自信をなくしていたようなので、特別措置です。

気持ちが明るくなって、前向きに弾けるようになるなら、オッケイですよね!

シールが剥がせるのはいつかな??

あんまり貼ってると、ベタベタがくっついちゃうよ~。

お問合せ・体験レッスンのお申込みはこちら。
tskm3838@gmail.com
または、090-1314-3121
宮沢まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

リズム作り

次の記事

新年のご挨拶