羊と鋼の森

本屋大賞を獲得した『羊と鋼の森』

小説を読み、静かな感動を覚えた作品です。

調律師の成長物語。

この小説を読むと、ピアノから出てくる音を、ただ静かに聴いてみたくなります。

古いピアノも、新しいピアノも、ホールの音も、それぞれに味がある。

この小説の言葉で言うと、味ではなく、におい、ですね。

この小説が映画化され、もうすぐ上映だそうです。

ふたごの一人、和音のピアノが楽しみです。

(誰が弾くのかな?)

ふたごの役は、上白石萌音さんと、上白石萌歌さん。

美人でかわいい姉妹で、名前も役にピッタリ。

羊と鋼の森 公式サイトはこちら↓
http://hitsuji-hagane-movie.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

音当てゲーム

次の記事

譜面を作って弾いたよ