こんまり流片付けで、カセットテープとお別れしました

今、はまっているのが『こんまり流片付け』

テレビで見たのがきっかけで、図書館でその本を借りてきて、早速読んでみました!

『人生がときめく、片付けの魔法』

いやー、読み終わって、もう片付けしたくてしたくて、、、、

すっかりその魅力にはまってしまいました。

楽しいの、なんのって。

服から始めるんだけど、1つ1つ手にとって、ときめくかどうかで、「捨てるか残すか」判断するという・・・

本の最後の方に書かれていた「デトックス効果」も期待しちゃったりして。

結構たっくさんのモノとお別れして、部屋も少し広くなったよ☆

ゴミの日が楽しみになるくらい。次々にゴミが出ます。

それで、服、本(書類)、小物とすすんで、最後に思い出の品。

思い出のジャンルに入るのは、写真とか卒業証書なんだけど、私の場合は、過去の音楽関係のモノも。

楽譜やカセットテープ。

楽譜は一番最後にすることにします・・・。悩みそうだから。

それで、カセットテープを先にやることに。

これは私が子供のときから、レコードやCDやラジオから録音してきたものばかり。

20年以上もずっと取っておいて、でも最近は全然聴くこともなかったテープたち。

郵パックの箱に入れて、長らく押入れで眠っていた。

部屋の掃除をするたびにお目にかかるんだけど、使うでも捨てるでもなく押入れにしまい込んで、今まで、どうしても捨てられなかった。

でもそれが今回、1つ1つ手にとって確認したんだけど、ほとんどがゴミ袋行きになりました。

口に出して言うのは恥ずかしいので、心の中で「今まで有難う」と言って。

残ったのは、私の発表会のテープのみ。

これもパソコンに取り入れたら処分するつもり。

だから、カセットテープは、全捨て。

自分の気持ちにも、カタがついたみたい!

今の自分は何を欲しているのか、こんまり流片付けをすると、自分の状態が見えてきますね。

人生がときめく、という境地まで行けるように、まだまだ片付けするぞー!

おまけ:安城市のゴミの出し方は、カセットテープは燃えるゴミなのに、ケースは燃えないゴミなので、全部中身を外して分別するのが手間だったー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です