子どもが泣くのは、とっても良い事なんです。

子どもが泣くのは、いろんな場合があります。

悲しいとき。

痛いとき。

怖いとき。

不安なとき。

悔しかったとき。

怒っているとき。

疲れているとき。

眠いとき。

お腹が空いているとき。

・・・

それらの、自分にとって喜ばしくない状態を、

「分かって欲しいよ~!」 

「何とかしてよ~~!」

と、一生懸命、訴えている状態。

まだ幼いために、自分の気持ちを「言葉で」うまく表現できないので、泣くことによって表現しているんですよね。

泣いて泣いて、発散して、気持ちを受け止めてもらえたらスッキリするんです。

その時のポイントは、子どもの気持ちを察して言葉に出す、「代弁する」と良いのです。

「今日は疲れちゃって、もうイヤなんだよね。分かる分かる」

と。

具体的な言葉にした上で、「その気持ち分かるよ」と、受け止める。

そうすると、「あ、自分はそういう事で今イライラしているんだ」と客観的に捉えられますし、「お母さんは分かってくれた」と安心します。

安心したら、泣く必要がなくなるので、元気になります(・∀・)

だけど、泣いてもうまく受け止めてもらえなかったり、逆に叱られたり、無視されたりすると、余計に悲しくなって、そのうちに何がなんだか本人でも分からないくらいエスカレートして、大号泣になってしまったりします。

時間も余計にかかるし、泣くほうも、対応するほうも、クタクタになってしまいます・・・(T_T)

カンシャク泣きがひどくて、まるで虐待を受けているかのような泣き方をする子もあります。

1時間も2時間も泣き止まない、という場合もあったりします。

そうなると、相手をするのもしんどくてイライラしてしまいますが、それでも子どもが「泣いて表現できている」ということは、自分を出せているので、そういう意味ではとても良いことです。

相手をするのは大変ですが、その場その場で、「代弁&受け止める」を意識した関わりを続けてゆけば、子どものほうも成長とともに言葉で表現できるようになり、カンシャクもおさまってきますし、「こんな自分でもここにいていいんだ」「大切な存在なんだ」と思えるようになります。

一番心配なのは、子どもの「泣き」を、全く無視した関わりを続けると、泣くという表現そのものが消えてしまいます。

無表情で、泣かない子どもです。

それは、泣くことを諦めてしまった状態。
 
ここまでくると、非常に自己肯定感が低下して、心に大きな傷を負ってしまっています。

「泣いても無駄なんだ」「自分は誰にも助けてもらえない存在なんだ」「自分は大切な人間じゃないんだ」「 自分は要らない子なんだ」と・・・。

そういう幼児期を過ごすと、成長してからも、心身症や過食症や拒食症になったり、リストカットを繰り返したり、うつ病などを患ったり、とても苦しい生き方になってしまいます。 

人生の土台、心の成長の土台となる「自己肯定感」を育む、大切な大切な幼児期。
 
子どもが泣くのは、意味のあること。

「痛かったねぇ」

「いじわるされて、悔しかったね」

「疲れて眠くて、イライラしちゃうよね」

と代弁し、

「その気持ち、分かるよ~」

「そういう気持ちだったんだね」

と受け止める。

更に

「大丈夫、大丈夫」

「大泣きしちゃったけど、ママは○○ちゃんのこと、大好きだよ」

と言って安心させる。

ここまでできたら素晴らしい!!!

抱っこしたり、笑顔でヨシヨシしたりするのも、言葉以上に、とても大事。

こういう事が自然にできるママに、私もなりたいと思います(´∀`*)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です