おしゃべりも大事な時間

DSCF6176[1]

こんなご機嫌な女の子のイラストを貰っちゃった(・∀・)

このイラストのように、いつもニコニコ、元気一杯のSちゃん。

だいぶレッスンにも慣れてきてくれて、時々ひょうきんな一面も見せてくれます!

おしゃべり大好きな子です。

レッスン中に、おしゃべりをしてくれるのは、大歓迎!

だって、自分のことを表現しているんですもの。

先生に言いたい、と思ってくれたことが、まず嬉しい。

自分の気持ちを出せている、ということが、また嬉しい。

ピアノも表現する手段の1つだから、そういう意味では、おしゃべりと一緒。

表現してくれたことを、私は歓迎するし、受け止めたいと思っています。

だから、レッスン中におしゃべりしているからって、「もう~、脱線して~!」と、お子さんをたしなめて頂かなくても大丈夫です(⌒∇⌒)

おしゃべりだけで終わってしまう、ということは絶対にないのでご安心を。

たいていは、少ししゃべって私が受け止めたら、納得してくれて、かえってレッスンもスムーズに進みます。

お互いに気持ちよく、楽しく、30分を過ごしたいと思います♪♪

毎週のレッスンの時間が楽しいな、楽しみだな、と思ってもらえたら、万々歳なのです♪

なにしろ、まだ生まれてから数年しかたっていない子ども達です。

特に習い初めの生徒さんの場合、順番は、生徒さんが先。

生徒さんが十分に自分を出して、楽しむこと。

そして、受け止めてもらえるんだと、安心してもらうこと。

安心できてから、私の助言も聞けるようになるのだと思います。

特別叱らなくても、成長とともに、おしゃべりや、脱線は、自然になくなっていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です