ショパンコンクールが終わって・・・

相変わらず、ショパンコンクールでの演奏を聴きまくっているこの頃です。

なかなか、全部は聴けないのですが、、、

今日聴いたのは3位に入賞した「ケイト・リゥ」さんのファイナルの演奏。

圧巻でした。

ショパンのピアノコンチェルト1番ですが、3楽章ロンドは、勢いがあって強く惹きつけられる演奏でした。

私も、もう釘付け。

ハァ~~~・・・と、感動のため息の連続でした。

会場全体が1つになり、最後、曲が完全に終わる前にもう拍手が!!!

聴衆を完全に魅了していましたね。

ただ残念なのが小ミスが多く、ロンドでも、大きな傷をつけてしまったこと。

このミスがなければ、もしかして順位が変わっていたのかも。。。

演奏直後の、ケイトさんの微妙な表情からも、さまざまな思いが窺えました。

コンクールは勝負の世界。

特にショパコンともなると、5年に1度しかなく、世界一流のピアニストが集まってくるのだから、特に厳しいです。

このコンクールに向かって、参加者たちの準備は大変なものだったと思います。

演奏曲目も、ものすごく多いし。

2015年のショパンコンクールは終わってしまいましたが、参加者の皆さんの今後の活躍を期待したいと思います♪♪

ケイトさんの演奏。

その他のファイナリストの演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です