いつも止まってしまうところ

ステップに向けて、みんな譜読みも仕上がってきました(^∀^) 

これからは、よく弾き込んで、曲を自分のものにして、本番、楽しくのびのびと弾けるように頑張りましょうね。

ところで、自由曲などで、いつも同じところで止まってしまう、ある生徒ちゃん。

そこは、手の移動のある箇所ばかりでした。

導入教材は、手の位置、5指のポジションを保ったまま弾ける曲ばかりですが、自由曲は、ポジション移動があったりします。

そういうときに、一瞬、止まってしまう。

それまで流れていた曲が、そこで判を押したように止まってしまう。

という事は、現在弾いているところだけしか頭になく、先読みできていないんですね。

ピアノは、頭の中は、常に少し先のことを考えながら、また同時に、現在出ている音も聴きながら演奏します。

現在の事と、少し先の事と、頭の中では同時に処理するので、頭はフル回転です☆
 
さて、いつも止まってしまう箇所はどうしたらよいか。

その前後だけを抜き出して、練習しましょう!

手を移動させることを忘れて、その場に突入してしまうから止まってしまうので、あらかじめ、ここで右手を移動する!とか、左手を移動する!とか、何か印をつけると良いかもしれません。

慣れてくれば、そんな事考えなくても自然にできるのですが、普段、ポジション移動のない曲ばかりしかやっていない場合は、慣れるまで、そこだけ抜き出して練習すると良いと思います。

お問い合わせ・体験レッスンのお申込みはこちら
tskm3838@gmail.com 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です