一歩進んで二歩下がる、でもいいんですよ

日ごとに寒くなりますね。

天気の悪い日に、小さい子を連れて外出するのは大変です。

そんな時にも、出張レッスンは強い味方。

無理なくレッスンを続けられますので、ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせ下さいね。

さて、ピアノを初めて習う初心者さんには、まず、楽譜の読み方をマスターして頂かねばなりません。

ドレミの読み方などは、大人の方なら要領よく簡単に理解できても、幼児さんだと、習うことはどれもこれも新しくインプットされることばかりで、ちょっと大変。

一生懸命、理解しよう、覚えようとしてくれる姿は、とても健気でかわいいなと思いますが、ひらがなが鏡文字になってしまうような年齢だと、どうしても、ドレミも鏡文字のようになってしまうみたい。

「ドレミ」と「ドシラ」が、ごっちゃになってしまって、音符が読めなくなってしまうことが、よくあります。

ドレミ、だけなら分かったのに、ドシラを覚えると、分からなくなってしまう。

まさに、一歩進んで二歩下がる。

でもいいんですよ。

いつの間にか皆、ひらがなだって、正しく書けるようになるでしょう。

ドレミも、ちゃんと分かるようになってきます。

レとシが、ごちゃごちゃになるのは、しばらくの間です。

だけど、それには続けることがとても大事。

毎日、大譜表を見て、ちゃんと音符を見て、ピアノを弾く、ということを繰り返していくうちに、自然とドレミが身についてくるのだと思います。

すぐに結果が出ないからといって、ダメなんだと思わずに、たゆまず続けて練習してゆけば、わかるようになるし、弾けるようになってくる。

それがピアノという習い事だと思います。

みんな、練習、頑張って♪♪

image

↑この写真は、生徒さんに貰った、折り紙の花。
きれいですね。

お問合せ・体験レッスンのお申込みはこちら。
tskm3838@gmail.com
または、090-1314-3121
宮沢まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

年末年始のお休み

次の記事

リズムのほん3