手首を下げないように

image

ピアノを弾く時、基本、手首は、鍵盤よりも下げてはいけません。

手首を下げてしまうと、力が下に抜けてしまい、指先までうまく伝わらなくなってしまうからです。

でも、言っても言っても手首が下がってしまう子がいます。

指や掌の支えがなくて、フニャフニャなので、それをカバーしようとして手首を使っちゃうのかもしれないけど、それはダメ。

たとえ指が頼りなくて、大きな音が出ないとしても、はじめはか細い音になってもいいので、正しい手の形、指のかたち、手首の位置を守りましょうね。

手首を下げないことを意識するために、チラシを折って、ピアノにはさんでみました。

チラシに手首がついたらブブー。

ご家庭でもやってみて下さい。

自分で意識することが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ステップの曲決め

次の記事

選曲、ようやく終わりに