フィギャーノートとは

発達障がいのお子さんにも対応できるよう、勉強しています。

病名はつかなくても、グレーゾーンや、発達がゆっくりというお子さんもピアノを習いたいと思うし、ピアノは脳に負荷を与え、コントロール力がつき、もちろん知能アップにも大きく関与しますので、発達障がいのお子さんの成長にとっては、とても良いのです。

いえ、障がいのあるなしに関わらず、ピアノは、どんな子にとっても、大きくプラスになります。

なので、いろいろの教え方、接し方など勉強しているのですが、その中の一つ、「楽譜が読めなくてもピアノが弾ける」という、フィギャーノートというものがあります。

色音符に、形を組み合わせた楽譜。

フィンランド生まれだそうです。

日本の導入教材にも、色音符を使ったものはたくさんあり、今のところ、私の生徒さんは、それで理解してそのまま5線譜に進んでいる子ばかりなので、フィギャーノートは使ったことがありません。

でも、いつかお世話になるかもしれないので、試してみたいなと思います。

なんと、お試しで、無料アプリが出ていました!

関心のある方は、下のリンクからどうぞ♪

無料アプリはこちら⇒フィギャーノート・ピアノ

(でも、アンドロイドでは駄目かも。i Pod専用だそうです。)

お問合せ・体験レッスンのお申込みはこちら。
tskm3838@gmail.com
または、090-1314-3121
宮沢まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です