HSCへの理解と支援の最先端

久しぶりに、子育てハッピーの話を。

えっと、まず私の自己紹介からですが、『子育てハッピーアドバイス』シリーズの著者の、明橋大二先生のもと、研修を受け、数年前から、子育てハッピーアドバイザーにならせて頂きました。

自己肯定感を育てる大切さを、自分も学んで、周りにも広める為です。

あの本がシリーズで大ヒットし、「自己肯定感」という言葉は、世間にかなり定着してきました。

一方、最新刊の「HSC」(ひといちばい敏感な子)については、まだまだ、知られていません。

知られていないので、対策もない、支援もないのが、日本の現状です。(´;ω;`)

これからは、私もHSCの理解を広める活動をしたいです。

その点、進んでいるのがアメリカです。

明橋大二先生が、この9月、アメリカに行き、HSC支援について取材してこられたそうで、それが下に紹介するブログにまとめられています。

「HSCと不登校、発達障害との関係、HSSの支援など、一番聞きたかったことについて、ズバリ答えてもらい、とても勉強になりました。さらに、現在の最先端の考え方である、ニューロダイバーシティ(神経発達多様性)についても、普通に話題にされ、本当に世界の一番先端の部分に触れているという実感に、久々に身震いするくらいの興奮を覚えました。
これはまだ日本ではだれも知らない(多分..)最新のHSCの知
見です。」

との事です!

ぜひ、読んでみて下さい↓↓↓↓
(ブログは、明橋先生ではなく、同席したアドバイザーの書いたものです)

https://ameblo.jp/nuken/entry-12407293511.html 「不登校の意味」

https://ameblo.jp/nuken/entry-12407833786.html 「HSCとADHDとASDと」

https://ameblo.jp/nuken/entry-12408281670.html 「大切なことは目の前の子どもが教えてくれる」

https://ameblo.jp/nuken/entry-12408652228.html 「ひといちばい敏感だと気づかれない子」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ステップアンケート

次の記事

大学レッスンのご案内