クラビノーバだけど負けないぞ

えっと、私は普段、クラビノーバで練習しています。
それは、住宅事情で、どうしてもピアノを置けないからです。(T_T)
どうして、そんな住宅に住んでいるのか、そこまでは聞かないで下さ~い。

そもそも、私は最近まで完全に音楽の道から離れていたので、また戻ってくると思わなかった両親の判断により、私が大学時代まで弾き込んだマイグランドピアノは、いつの間にか遠いところにお嫁に行ってしまったんです。なので、実家に帰っても、マイグランドは無い。寂しい~。・゚(゚`Д)゙(アップライトならあるけど)

私が娘を産んでから、娘の為に買った中古のクラビノーバが、結局、私のストレス解消&癒しグッズになりました。(笑)

クラビノーバで弾いてばかりいると、どうしても、その楽器に慣れてしまいます。

それは、たまに生ピアノを弾いた時にハッキリ感じます。

鍵盤を押したときに指先に感じる、ハンマーの戻りに、ものすごい違和感を感じてしまったり。。。
音量に耳が慣れなかったり。。。。

私のクラビノーバは古いものなので、最近の電子ピアノのような、グランドピアノのアクションとか、象牙調の鍵盤とか、そういう機能が無くて、残念ながら、生ピアノとは全然タッチが違います。

だから余計に寂しい気持ちになるんだけど、でもでも、、、

それは上を見るからだよね。
上を見たらキリがない。

古い電子ピアノよりも、最近の電子ピアノの方がいい。
電子ピアノよりも、生ピアノがいい。
生ピアノでも、グランドがいい。
グランドでも、スタインウェイがいい、コンサートグランドがいい・・

いい音を求めたら、どんどん上のものが欲しくなるけど、それが叶わないなら、今ある環境で、いかに楽しく音楽と向き合い、自分の楽器を使いこなし、自分の音を追求するか、を考えたほうがいいよね。

クラビノーバで弾いている人が先生やってるの?と驚かれそうですが。。。
どうしても事情があって、今はこんな環境の私です。
だから、細々と、出張レッスンの形しかできない。
グランドピアノと住宅をくれる人があったら、私も自宅で教室開けるのになー。(笑)

うーん!負けないで頑張るぞ~。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

長所を伸ばす