サティ『スポーツと気晴らし』より、ピクニック

Erik Satie (エリック・サティ)作曲の、『スポーツと気晴らし』の中の、“Le Pipue-nique (ピクニック)”を紹介します。

『スポーツと気晴らし』は、最初のコラールと、その後の20曲からなる小曲集です。

ピクニックは、その中の、14番目の曲です。

これもまた短い曲で、楽譜は1ページ分、時間は1分も無いです。

軽快なリズムで、楽しい雰囲気の曲です。

『スポーツと気晴らし』全ての曲(コラール以外の20曲)には、イラストがついています。

また、それらの曲には、サティの作った詩もついているんです。

詩がついている楽譜なんて、見たことないですよね。

歌とは違い、楽譜の所々に詩が書かれているんです。

これは演奏のときに誰かが読むのでしょうか?

普通、CDなどを聞くと、詩は聞こえてきませんが・・・・

演奏者と、聴く人の心の中に入れておけばいいのかもしれません。

その詩と、楽譜と、イラストと、演奏を載せますね。

ちょっと風変わりなサティの世界が、少し覗けると思います♪

【詩】

誰もが冷えきった仔牛の肉をもってくる。

あなたは素敵な白いドレスを着ている。

あら、飛行機だわ!

とんでもない。あれは嵐がやってくるんですよ。

ピクニック楽譜

 ピクニック イラスト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です