つらい時、悲しい時、苦しい時こそ、音楽

悩みが深くて、どうしたらいいんだ~~と頭を抱えたくなる時・・・、そんな時こそピアノを弾くと、本当に心がホッコリします。

それも、悲しい時には悲しい曲がいい。

嬉しいときは、もちろん嬉しい曲を弾けば、ますますノリノリになれるけど、悲しい時には思い切り悲しい曲を、悲しい気持ちのまま弾くことに没頭すると、不思議に心がスッキリするんです。

曲に浸っている時は、まるで異次元の世界にいるように、この世のしがらみ、苦しみから、離れられる。

そして、音楽が心の涙を誘い、涙を洗い流し、優しく癒してくれる。

ディズニー映画の『ベイマックス』が流行っているけれど、音楽の癒しは、自分の中にベイマックスを作って、自分で癒すような感じかな。

「わかっているよ。」
「つらいね、苦しいね。」
「よく頑張っているよね。」
と、語りかけてくれるような・・・

それも人の演奏を聴くのではなく、自分で、自分の気持ちの赴くままに曲を奏でる。

それが一番、自分の心を開放してくれると思う。

本当に心がスッキリして、「頑張ろう」と思えるから嬉しい。

以前、『ほんまでっかTV』という番組の中でも、心理学評論家の植木先生が、「悲しいときには悲しい曲を聴くと良い」、という事を発言していたけれど、ごもっともです。当然そうだと思います。

心理学的なことは分からないけれど、経験的に、その通りです。

だから私、音楽が好きで良かったな~と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です