手作り教材、音符のカルタ。これで丈夫になりました。

以前に作った音符のカルタを、新たに作り直しました。

DSCF7796[1]

ラミネート加工し、角を丸く切って、丈夫で安全なカードができました。(′∀`)

(これで、少々激しく扱っても大丈夫です。ホッ)

休符バージョンも追加。

拍数が分かるように、リンゴのシールを貼ってあります。

音符が赤リンゴ、休符が緑リンゴ。

それぞれ2枚ずつ、作ってあります。

裏は何も書いてないので、これらを裏返して『神経衰弱』が出来ます!

といっても、これ全部でやると量も多くて時間がかかるし、初心者さんのうちは、16分音符なんて出てこないので、習ったことのある音符や休符、あるいは、覚えたい音符や休符、いくつかを抜粋して使うと丁度いいです。

7種類くらいでやると、丁度いいかな~。

ちょちょっと、5分で2試合くらい、できちゃいます。

ルールは、トランプの『神経衰弱』と同じですが、裏返した時に、何音符か、何休符か、を言ってもらうようにすると、覚えているかどうか確認できます♪

でも、別に、このときに言えなくてもいいんです。

何度も言っているうちに、じきに覚えますので、ね。

これはほとんど、お勉強というより、遊びなので、導入時期のかわい子ちゃん達は、とっても喜んでやってくれます。

習い始めで、まだ慣れていない生徒さんと私が仲良くなるのに、効果抜群です☆

楽しいな、レッスン続けたいな、と思ってもらえればOKなのです~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です