ワールドカップを見ていて・・・なるほど、脳機能を高めると納得。

ワールドカップが終わり、なでしこジャパンは2位に輝きましたね。

決勝戦の結果は悔しかったけれど、その試合中は、メンバーみんな笑顔で前向きに戦っていたと知り、感動しました。

サッカーの試合の様子をテレビで見ていて、気がついたことがあります。

やっぱりサッカーは、脳機能を高めるのに、すごくいいんだな~ということ。

というのは、以前テレビ番組で、脳機能を高める習い事ベスト3は、

1ピアノ、2そろばん、3サッカー

と放送されていて、どうしてサッカーが入っているのか疑問だったんです。

でも試合を見て、サッカーというスポーツの特徴をいろいろ考えているうちに、分かっちゃいました。

サッカーって、チーム戦ですよね。しかも、常に動き周り、変化する。

常に変化しながら、その常に変わる全体の配置を見て、自分の最善のポジションを瞬時に考えて動かねばならない。

全体の動きと、個人の動きと、両方同時に考え判断する。

メンバー1人1人は個人なんだけど、頭の中は、監督のように、全体を把握し、判断し、指示を出す。

しかも、相手に見破られないように、右側に蹴ると思わせて左側にシュートを決める、などの駆け引きもありますよね。

そういうことが、脳をフル回転させるのではないかと思いました。

自分と相手の、1対1のスポーツでは、そこまで頭は使いません。

複数で戦うスポーツは、いろいろあるけれど、ポジションの変わらない野球やバレーボールなども、そこまで頭は使わない。

サッカーのように、常に全体の変化が伴うスポーツは、バスケットボールなどがあるけれど、バスケの動きは、ドリブルして投げるだけだから、ボールの動きはサッカーよりは少ないです。

サッカーの動きは、地面を這うドリブルあり、頭の上を通過するパスあり、キックありヘディングあり、より複雑です。

そういう頭を使うゲームを、走りながら行う。

これがまた、有酸素運動なので、脳に栄養を送り込み、体積を増やすことにもつながるのでしょう。

脳を使う+有酸素運動、というダブル効果で、サッカーは脳機能を高めるのに良いと言われているのだろうな~と思いました。

↓過去の記事はこちら。
脳機能を高める習い事、ベスト3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

形から入る

次の記事

ステップ本番までの流れ