教育虐待・・・

『世界一受けたい授業』という番組、大好きで、毎週録画して見ています♪

7月16日の放送で、『子育てハッピーアドバイス』著者の、明橋大二先生が出られましたね。

孫疲れという内容で、診察室でコメントを述べておられました。

うちの子ども達も、「あ、この先生、知ってる~!」と大喜びで見ていました。

『子育てハッピーアドバイス』シリーズの愛読者、熟読者ですからね。

私も大変お世話になっている先生です♪♪

それにしても、世の中の、子育てに関わっておられる皆様、本当にご苦労様です。

子育ては大変です。

外で仕事をしている時よりも、家で家族といる時の方が、ストレスを多く感じるという事実にも衝撃を受けました。

「家族だから」ストレスになるなんて、、

確かに、他人との人間関係なら、嫌なら避ければいいし、考えなければいいし、所詮他人事と流せばいいけど、家族の問題は、家族だからこそ、より問題視してしまうのかも。

また、『教育虐待』というのも、この頃増えている、とのこと。

一方的に、親から子どもへ、教育を押し付ける。

おまけに、「お母さんの子どもなのに、なんでこんな簡単な問題もできないの!?あんたは、母さんの子どもじゃない!」なんて言われたら、どんなに辛く悲しいだろう・・・。

テレビを見ながら、私まで辛い気持ちになってしまいました。

ストレスフルな世の中だからこそ、家庭の中は、ほっとできる場所にしないとなぁ~~~、、、と改めて知らされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です