らららクラシック ブルクミュラー25の練習曲

9月24日(土)のNHK『らららクラシック』で、ブルクミュラー25の練習曲が取り上げられていました!

いや~、佐藤卓史さんの演奏、素晴らしかったですねぇ・・・

中でも、アラベスク。

あえて、最後のジャーンの和音は、控え目な大人の終わり方でした。

盛り上がってジャーン!で聴き慣れているので、「あれ??」という終わり方でしたが、 中身が濃かったですから、かえって余韻を残した、とても素敵な演奏でした。

それにしても、ブルクミュラーの25曲の練習曲は、どれも心に残るものばかり。

それは、ブルクミュラーが、当時のロマン派のショパンやリストのような、感情をのせたドラマ性のある音楽を、ピアノの初心者でも弾けるように、子どもでも弾けるように、少ない音で作ってくれたからなんですね。

ブルクミュラーは、初心者を指導するようになったので、この練習曲集ができたのですが、それが今日こんなにメジャーになっていると知ったら、ブルクミュラーさんは驚くでしょうね!

日本では、ピアノ学習者のほぼ全てが通る道ですから。

みんなも頑張ろう!

お問合せ・体験レッスンのお申込みはこちら。
tskm3838@gmail.com
または、090-1314-3121
宮沢まで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

やっぱり好き、サティ

次の記事

正しい指づかいとは?